メニュー

間違っていても、かまいません。お電話5分の過払い金無料診断ダイヤル0120-10-10-10(受付7:00-24:00
708090過払い金無料診断借金整理の無料相談は司法書士法人 中央事務所

[過払い金請求]入金までの期間と交渉時にかかる期間の目安

過払い金請求を行った際、過払い金が返金されるまでは、どの程度の期間を想定しておくべきか。

知りたいと思う方も多いのではないでしょうか。

今回は、過払い金請求で入金されるまでの期間の目安、と、一連の手続きの流れについて取りまとめました。

・過払い金返還率
・各交渉時にかかる期間
・和解後入金までの期間

後半では、代表的な貸金業者別に、これらの目安も掲載してますので、過払い金が支払われるまでの期間について知りたい方や、これから専門家に相談しようと考えている方は、ぜひ最後までお読みください。

過払い金請求時の期間と流れについて

過払い金請求が入金(返還)されるまでの期間

過払い金請求を開始してから返金までの期間は、

・自分で過払い金返還請求を行ったか
・専門家に依頼したか

この二点により違いがあります。

過払い金請求を専門家に依頼した場合

専門家である司法書士や、弁護士に依頼をした場合、過払い金が返金されるまでの期間は、おおむね3カ月から半年ほどが目安です。

経験や実績を積んだ専門家であっても、取引履歴の請求などはある程度の時間がかかりますので、この期間は目安ですが、その他、さまざまな要因が関わってくることでも変動します。

ご自身で過払い金請求を進めた場合

専門家に依頼をせず、ご自身で過払い金請求を進める場合は、さらに期間を要します。

返金されるまでの期間の目安は、半年から1年ほどが目安と思われますが、これは取引履歴の請求から引き直し計算、交渉までをご自身で行う必要があることが理由です。

専門的な知識も必要になりますし、不慣れな作業に対応するとなれば時間もかかります。

過払い金請求訴訟になった場合

過払い金請求は、交渉で和解に至る場合と、訴訟に至る場合の2つのケースが存在します。

訴訟に至った場合、一般的には和解に応じるよりも、より多くの過払い金を返金してもらえる可能性が高くなります。

しかし、その分返金までの期間も伸びますので、専門家に依頼したとしても、半年から1年ほどかかる場合もあります。

過払い金請求の発生条件・期限や時効

特定の貸金業者に対し、過去に借り入れをしていた方が、当時払い過ぎていた利息分の返還を請求することが「過払い金請求」です。

手元に幾らか戻ってくるメリットがありますが、誰でも対象になるというわけではありません。

ここでは、過払い金請求の発生条件や時効について書いていきます。

過払い金が発生していて請求できる可能性がある方

下記2つの項目に該当している方は、過払い金が返金される可能性があります。

  • ①2010年6月17日以前に借入をした方

    2010年6月17日以前に、貸金業者からの借入れや、クレジットカードなどでキャッシングをした経験のある方

  • ②過払い金請求の時効を迎えていない方

    過払い金請求の時効に関しては、下記に詳細を載せておきます。

請求期限(時効)は10年

過払い金請求における「時効」とは、過払い金そのものが消滅することではなく、過払い金請求を行う権利がなくなってしまうことを指します。

民法167条1項には、債権の消滅時効が10年であると定められており、過払い金請求の消滅時効は最後に取引した日から10年とされています。

"第百六十七条

債権は、十年間行使しないときは、消滅する。

引用元:e-Gov"

何年も前に完済しているという方でも、最後の取引日から10年が経過していなければ、過払い金が返金される対象となっている、可能性があります。

決して、借り入れをした日から10年ではありません。

あくまで最後の取引日からという点に注意しましょう。

もし思い違いをしたまま放置していますと、実際は過払い金が返金される対象となっているのに、その権利を逃すことにつながってしまいます。

ご自身の最終取引日なども、専門家にて調べてもらうことが可能ですので、記憶が曖昧な方もまずは自分が対象かどうか、一度相談してみましょう。

当事務所の無料相談ダイヤルは、0120-10-10-10です。お気軽にお電話ください。

参照記事⇒過払い金の時効について

空白期間があると最後の取引と認められない場合も

一度完済した後に、同一の貸金業者から再度借り入れを行った場合は、取引が続いているとみなされることがあります。

ですので、最終取引日は二度めの取引を軸として、時効を算出できる可能性もあります。

ただしこれは、一度目と二度目の取引の間が、比較的短いことが条件です。

したがって、過去に同一の貸金業者と数度にわたって取引があった場合でも、取引がない期間が長く空いてしまうと、別々の取引とみなされてしまい、一度目の取引は、過払い金請求の対象にならない可能性が高くなってしまいます。

この別々の取引とみなされる期間ですが、おおよそ1年程度とされることが多いようです。

メールでも診断できます
無料診断はこちら
お電話5分の無料診断ダイヤル
無料診断ダイヤル 0120-10-10-10
  • 全国対応
  • 年中無休
  • 7:00-24:00
お電話5分の無料診断ダイヤル
0120-10-10-10
全国対応 年中無休 7:00-24:00

過払い金請求から返金までの流れ

ここでは過払い金請求に際して、過払い金が返金されるまでの、おおまかな流れを掲載していきます。

取引履歴開示請求(1週間~1カ月)

貸金業者に対して、取引履歴の開示請求を最初に行います。

一般的に、専門家から依頼することで、個人で請求するよりも早期に開示してもらえるといわれていますが、かかる目安の期間としては、大体1週間から1カ月です。

過払い金の引き直し計算

取引履歴を参考に、過払い金が幾ら発生するか計算することを「引き直し計算」といいます。

過去返済していた期間が長かったり、取引回数が多いと、計算完了までにかかる時間は増えてしまうため、専門家に依頼した際に必要な期間も、その時々の状況に応じてまちまちです。

個人で引き直し計算を行うことも可能ですが、計算ミスによって過払い金が少なくなってしまうリスクなどもありますので、専門家に依頼することをおすすめします。

参照記事⇒過払い金請求のリスクと対処法を解説

貸金業者へ過払い金請求

引き直し計算が完了したのち、貸金業者に対して過払い金請求をかけることになります。

この際にとる手法は電話やFAX、その他郵便を用いても問題ありません。

後々裁判に至る可能性も視野に入れた場合、内容証明郵便にて送付しておく方がいいでしょう。

内容証明郵便とは「いつどのような内容を誰が誰あてに送付したか」を、郵便局が間に入り証明してくれる制度になります。

貸金業者との和解交渉(1カ月~3カ月)

過払い金請求の意思を貸金業者側に伝えた後は、過払い金についての交渉を進めます。

主に電話でのやりとりが多いですが、ご自身で交渉を行う際は難航することも想定されます。

交渉には1カ月から3カ月ほどの期間を要することが多いですが、より早い期間での返金を希望する場合や、より多くの過払い金を返金してほしいと考えるのであれば、専門家に相談してみましょう。

訴訟を提起

和解交渉において、多くの貸金業者は過払い金の返金額を少なくしたいと考えます。

もし貸金業者に提示された金額に納得がいかず、双方で和解に至らなかった場合は、過払い金返還請求訴訟を起こすことになります。

ご自身で裁判を進めるとなると、訴状の作成など専門的なことを学ぶ時間も必要になります。

半年から1年ほどと、期間も長期化することが想定されますし、先ほど書きました訴状の作成もふまえると、司法書士や弁護士などの専門家に依頼するほうがスムーズに進むといえるでしょう。

途中で和解交渉に入るケース

過払い金返還請求訴訟が長引く事は、お互いにとってメリットにならないため、途中で貸金業者から和解するための交渉を、持ちかけられることがあります。

あくまでご自身の希望する額を主張する必要はありますが、双方納得のいく内容にて合意ができれば、裁判の判決を待たずして終了します。

和解の提案をいつしてくるかにもよりますが、提訴した時から1カ月ほどで和解にいたるケースもあります。

過払い金の返還(判決・和解から2カ月~4カ月)

具体的なケースにもよりますが、過払い金返還請求訴訟が判決に至った場合と、途中で和解した場合とで、その後、貸金業者から過払い金が支払われるまでの期間に、大きな差はないことがほとんどです。

判決・和解から過払い金の返還まで、大体2カ月から4カ月ほどかかることが多いですが、、これは貸金業者側の経理上の問題や、手続きが存在するためです。

貸金業者別の返還率、返還までの期間

各貸金業者での対応の仕方や、経営状況などは違いますので、当然と言えば当然ですが、ここでは貸金業者毎の返金までにかかる期間と、返還率について説明します。

貸金業者毎の返還率について

発生した過払い金の内、何%を貸金業者が返金してくれるか。
この割合のことを過払い金の「返還率」といいます。

仮に過払い金額が200万円だった場合、60%の返還率で換算しますと、120万円が手元に戻ってくることになります。

代表的な貸金業者における、返還率と期間の目安は、下記にまとめました。

  • ・アコム

    アコムの返還率は和解交渉でも80%前後と高く、過払い金が支払われるまでの期間も2カ月程度と、交渉もスムーズに進む貸金業者です。
    全額の返金を希望し、裁判に進んだ場合でも半年ほどで解決に至ります。

  • ・プロミス

    プロミスの場合、返還率は90%ほどで、和解交渉の期間は、3カ月前後が目安となります。

    100%の返還を希望し、訴訟に進んだ場合は半年ほどかかりますが、比較的返還率の高い貸金業者と言えます。

  • ・レイク

    和解での返還率は80%と高く、返金されるまでの期間はおおむね2カ月ほどとなっています。

    もし訴訟に進んだ場合の期間の目安は、半年ほどになります。

  • ・アイフル

    他の貸金業者と比較すると、アイフルの場合返還率が少し低くなります。

    和解交渉時は返還率60%前後の数値を提示されることが多く、全額返金を目指すのであれば、過払い金返還請求訴訟に持ち込む必要があります。

    期間の目安としては、和解交渉のみで3カ月、訴訟まで行くと半年ほどです。

    過去には経営難を理由として、返還率も10%程度と非常に厳しい時期がありましたが、この頃に比べると現在では大分返還率も上がっています。

  • ・CFJ

    CFJは、下記の3社が合併した貸金業者になります。

    ・ユニマットライフ
    ・アイク
    ・ディック

    よって、過去これら3社から借り入れがあったり、過払い金が発生している方は、CFJに対して過払い金請求をできる可能性があります。

    和解交渉での返還率は70%ほど、訴訟を経た場合でも80%ほどとなりますが、現在の経営状況を不安視する声も多いですので、なるべく早めに過払い金請求を進めることをおすすめします。

  • ・セゾン

    セゾン(クレディセゾン)は、過払い金請求交渉が、比較的スムーズに進む貸金業者と言われています。

    返還率も非常に高く、和解交渉でも90%から満額返金されることがあります。
    和解成立後も、2、3カ月ほどで過払い金が支払われます。

  • ・ニコス

    ニコスは、交渉も効率よく進みますし、返還率も和解交渉で85%ほどと、比較的高い数値となっています。

    場合によっては、解決から1カ月ほどで返金されたケースもありますが「時間はかかっても100%返金してほしい」
    と訴訟に進まれる方は、おおよそ半年ほどの期間を目安と考えておきましょう。

  • ・オリコ

    非常に返還率が高く、専門家を通した過払い金請求では、訴訟に至らずとも、満額に近い過払い金を支払われることもあります。

    ただし、オリコは他の貸金業者と比較しても、解決から返金に至るまでは、非常に長い期間がかかります。
    和解でも返還にいたるまでの期間は8カ月といわれており、訴訟に進んだ際は、長いと10カ月ほどかかることもあるようです。

  • ・セディナ

    返還率は非常に高く、100%が目安となります。
    返金されるまでの期間も、交渉で3カ月から半年ほどで、訴訟の場合も同じく半年が目安です。

    過去OMCカード、セントラルファイナンス、クオークのいずれかの貸金業者とお取引があった場合も、セディナに対して過払い金請求ができる可能性があります。

ここまでで記載した期間や返還率の数値は、あくまで目安です。

最終的な過払い金額は、必ずしもこの数値を反映したものにならない可能性もあります。

ご自身で過払い金訴訟を進めたか、専門家に依頼したか。
さらには、裁判に進んだかそうでないかなど、さまざまな要因によって変動します。

過払い金請求は一度専門家に相談を

今回は、過払い金請求から入金までの各期間の目安と、返還率などをまとめました。

不安や不明な点がある方は、まずは一度専門家にご相談されることをおすすめします。

司法書士法人 中央事務所では、無料で何度も相談が可能ですし、お手続きに至らない場合でも費用がかかることは一切ございません。

不明な点を聞くだけでも構いませんので、まずはお気軽に「過払い金無料診断ダイヤル0120-10-10-10」まで、お電話ください。

ケータイ番号を入力して無料診断スタート!

お電話を掛けていただかなくても大丈夫!担当者よりご連絡いたします。
※固定電話・IP電話の方は直接「0120-10-10-10」へお電話ください

0120-10-10-10過払い金診断の専門スタッフがお待ちしています

メール送信内容を入力する

担当者がメール確認後、ご連絡いたします

※当サービスは、携帯電話番号をご入力いただくだけで、弊所から過払い金の無料診断電話をさせていただくサービスです。

投稿日:2020年3月17日

いくら戻る?過払い金計算機 いくら戻る?過払い金計算機

10秒過払い金計算機

借入金額・借入期間の入力であなたの取り戻せる過払い金がわかる!

万円
おおよその金額を入力してください
おおよその期間を入力してください

この計算機は司法書士法人 中央事務所が独自の基準に基づいて作成したものであり、実際に同額の過払い金が発生していることを保証するものではありません。またお借り入れの時期により、過払い金が出ない場合もあります。
当該結果が実際に発生している過払い金の額に相違している場合や、これらの情報等に起因してお客様または第三者が損害を被った場合についても、当法人は一切責任を負いません。

スピード過払い金計算

ケータイ番号の入力だけで
過払い金の無料診断スタート!

ただいま受付時間外です
下記の時間内にご利用ください

7:00~24:00